リフォームとリノベーションの違い



      このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームとリノベーションは厳密には違います

家をリフォームしたいって考える時、時々、それではリノベーションしたらという提案をハウスメーカーさんから受けることもあるかもしれません。若しくは気になってインターネットで検索してみたら、そのような言葉が出てきて首をかしげることもあるかもしれません。


さてそうなるとリフォームとリノベーションの違いって何でしょうかって思いませんか?リフォームやリノベーションを検討する人でしたら必ずと言っても過言ではないほど、まず抱く疑問でだと思います。最近よく聞くようになってきたリノベーションという言葉ですが、リフォームと同義で使っている人も実際には多いと思います。


ここでは、混同しやすいリフォームとリノベーションの違いや、事例等について述べていきたいと思います。


リフォームとは

一般にリフォームといったら、老朽化した建物を新築の状態に戻すということです。マンションやアパートですと、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に原状回復することを指す場合もあります。


なお、英語では「reform」の意味は「悪い状態からの改良」です。リフォームという言葉を使用する際には、基本的に壊れている状態だったり、汚れていたり、老朽化している部分を直すようにしたり、綺麗にすること、または新しくすること等を指します。


マイナスの状態のものをゼロの状態への回復機能という意味合いとして使われることが多く、外装の塗り直し、キッチンの設備変更、壁紙の張替等がリフォームと言われております。


リノベーションとは

それに対して、リノベーションとは、既存の建物に大規模工事を行うといったことで、性能を新築の状態より更に向上させたり、価値を高めたりすることを指します。


英語では「renovation」の意味は「革新、刷新、修復」です。リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態への回復機能という意味合いに対し、リノベーションはプラスアルファで新機能や価値の向上を目指していくという意味を表します。デザイン性のより高いものへの改良や、住環境について現代的なスタイルへ合わせるような形で、間取や内外装等の変更といったこと等含まれます。


耐久性や耐震性を高めるため、壁の補修を行うようにしたり、家族が増えたため、仕切壁を取り払って広いリビングダイニングキッチンへと変更したりすること等がリノベーションにあたります。


【合わせて読みたい関連記事】
千葉・柏市のリフォーム専門ショップ

ABOUT

運営者
リフォーム&リノベーション
免責事項
当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。